先輩紹介

システムエンジニア

これが私の仕事

現在は病院の健康診断のシステムを作っています。

現在私が携わっている仕事は病院の健康診断の予約、受付などのシステムのプログラム設計です。通常、お客様先にお伺いすることはあまりないのですが、今回は特別に新潟のお客様先に訪問して、操作説明や仕様の説明を行いました。また今後も新潟に行く予定です。福岡住まいなので、新潟の寒さにはびっくりしました。自分でお客様へ説明することは まだできなくて先輩の話を横で聞いているだけだったのですが、いずれは自分でもできるようにと勉強をしています。この仕事は、物事を正確に伝えることが大事で、どうすればうまく伝わるか気をつけながら常に仕事を行うようにしています。

だからこの仕事が好き!一番うれしかったことにまつわるエピソード

複雑なシステムを無事完成させることができたとき

同じ健診システムでもお客様のご要望により通常使っていない技術を使わなければ開発ができないような場面に遭遇することもあります。ですが、先輩に教えてもらったり、自分で調べたりしながら無事仕事を終わらせることができたときにはホッとしますし、非常にうれしいですね。この仕事は、新しい技術やわからないこともでてきますので、詳しい先輩に聞きに行く姿勢がとても大切だと思います。弊社の先輩達はやさしいので聞きやすいとは思いますが、自分から調べたりする自主性も必要な仕事だと思います。

ズバリ!私がこの会社を選んだ理由、ここが好き

自分の持っている技術が生かせると思ったから

私は中途採用で入社をしました。ちょっと話はそれますが、私は結婚していまして、子供もいます。前の会社は東京への転勤の話があり、非常に悩みました。その当時まだ子供はいなかったのですが、ゆくゆく子供を持つなら、福岡で育てたいという希望がありました。それで以前の会社を退職し、福岡に拠点がある弊社に入社を決めました。もともと、パッケージを扱うSEをしていたこともあり、今までの経験が生かせる仕事をしたいと思いました。入社して思ったことは、私みたいな若手にもプロジェクトリーダーに近い仕事を任せていただける機会があることが以前の会社と違っていると感じました。若手の育成に力を入れている証なのかもしれませんね。

これまでのキャリア

転職での入社です。今年で8年目になります。普段はC♯や、VB.NETを使って仕事をしています。

就職活動をする後輩にアドバイス

私は新卒の時に内定をもらったのが大学四年生の秋と、かなり遅い時期でした。まわりの友達にどんどん取り残されていく感じがとてもつらかったことを覚えています。しかし、あきらめないで活動を続けていれば必ず、満足できる就職になると思います。就職活動はいろいろなやり方があると思いますので、行きたい会社があればじっくりと下調べをして全力でぶつかってみながら、失敗を糧にしていってほしいと思います。

先輩画像